手術してきました

20160328_01
ご報告です。実はモアレさんにとある病気が見つかり、先日手術を受けてきました。突然驚かせてしまい申し訳ないですが、予後の心配はほぼありませんので安心して続きを読んでください。

昨年の夏頃にブログ(これこれ)に載せましたが、モアレさんの眉間の辺りにニキビ状の湿疹ができているのを見つけました。赤みが引いてからも毛が生えず、その部分が少し硬くなっていました。ただそれ以上広がりもしなかったので、しばらく様子見して暖かくなった頃にでも診てもらおうと軽く思っていたのです。で、先日病院に健康チェックに行ったところ、「肥満細胞腫」と診断されました。

皮膚型肥満細胞腫 猫(Google検索結果)

通常ある肥満細胞(肥満とは関係ない)がなんらかの原因で腫瘍化してしまう病気です。詳しくはリンク先を見てください。猫飼いの方は知っておいた方がいいです。猫の皮膚に出来る腫瘍としては二番目に多い病気だそうです。

20160328_02
これは病院で細胞診検査を受けた後の写真。針でぶすっとされたので血が滲んで少し腫れちゃってますね。普段は周りの毛に埋もれてほとんど目立たない状態でした。

肥満細胞腫には皮膚型と内臓型があるのですが、モアレさんのは皮膚型(内臓型は結構大変な病気です)。腫瘍がいくつも出るパターンもあるのですが、モアレさんはこの眉間のひとつだけ。サイズも約3mmと小さめ。ということでこの病気としては比較的軽めの状態でした。治療としては患部とその周りを切除すれば終了です。

20160328_03
こちらは手術後。日帰り入院から帰ってきたところです。麻酔はとっくに冷めてるのですが心身ともに疲れきって呆然としちゃってます。(病院で大暴れしてきました) 右手のガーゼは点滴の跡。正面から見ると額に縫合跡があるのですが、さすがにこの日のは痛々しいので載せません。

20160328_04
フンフンフン・・・(なんかヤバイいろんなニオイがする・・・)

20160328_05
やめて・・・

20160328_06
ということで色々大変だったモアレさんなのでした。数日後に抜糸したら治療終了ですが、それまではひさしぶりにエリザベスカラー生活です。ちょっと我慢ね。

冒頭に書きましたが、この病気に関して予後の心配はほぼありませんので安心してください。(再発、というか新しくまたなる可能性はありますが) ちなみに手術前に血液検査やエコー検査、レントゲン検査で全身診てもらいましたがオールOKでした。変な話ですが、健康です。(笑)

ただモアレさんも今年で9歳になる立派なシニア猫なので、今まで以上に日頃から気をつけて体調をチェックしないといけないなと思った次第です。全身ムニムニしまくるのが重要!

人気ブログランキング
イラストでみる猫の病気 (KS農学専門書)