タグ : ジェット耳

ガリガリブロークン


ガリョガリョガリョ! と豪快に爪とぎ中のモアレさん。以前紹介記事も書いたこのガリガリウォールですが、モアレさんがいつも激しく出入りするのでかなり損傷してきました。


モアレさん、ボロボロなんすけど。(聞いてない)


「ヘイヘーイ、おこられてんのー?」


「なによっ!」 みたいな。


これもダメージの原因のひとつです。

人気ブログランキング
ミュー (mju:) ガリガリウォール スクラッチャー インテリア ダルブラウン

スポンサーリンク

新規開拓

20161207_01
あらモアレさん、珍しいとこにいるね。

この塀はブーデーなモアレさんにとってはちょっと高い(120cmぐらい)ので、引越して来てからほとんど乗ることはなかったのですが、最近になって階段的に登れるルートを発見したようです。(ちなみにクリエは余裕のジャンプ一発です。)

20161207_02
「べつに登れますけど?」 的な。

20161207_03
今更ですがたぶん新鮮なんでしょう。最近ちょくちょくここでたたずんでます。

20161207_04
寝てみたり。

人気ブログランキング
DECOLE concombre うとうとマグカップ 三毛猫 ZCB-40219

スポンサーリンク

リターンズ

20161114_01
二週間ほど前の事。モアレさんが執拗に横っ腹の辺りをグルーミングしていたのでモフモフをかき分けて見てみたところ、

20161114_02
米粒サイズの湿疹を発見。(上の写真は最近のものですが、発見時はもっと赤く腫れていました) すぐに病院で検査した結果、また肥満細胞腫と診断されました。

皮膚型肥満細胞腫 猫(Google検索結果)

前回の手術から約半年、病リターンズです。

20161114_03
肥満細胞腫に対する処置は色々あって、皮膚に出来たものは外科手術で患部を切除すればおしまいです。ただ放っておいて自然に縮小することもあります。(悪くなることもあります) 腫瘍から他へ転移することもなくはないですが、可能性はかなり低いです。

ということで今回はステロイド剤と痒み止め(抗ヒスタミン)でしばらく様子を見ることにしました。もし悪くなるようなら切除します。幸い前回出来た場所(眉間)に比べれば手術的には楽に取れる位置だそうなので。

ちなみに内臓型の肥満細胞腫の可能性も考えて、腹部のエコー検査も受けましたが結果は大丈夫でした! 脾臓、肝臓、共に特に問題はなさそうとのことです。良かった良かった。

20161114_04
というわけで色々あった最近です。健康状態自体は全く問題ないのでどうかご心配なさらずに。まぁ年相応のイベントのひとつと考えるしかないですね。(肥満細胞腫の発症は9〜10歳頃が一番多いそうです。猫飼いの方は注意ですよ。)

人気ブログランキング
イヌ・ネコ 家庭動物の医学大百科 改訂版