タグ : 病院

リターンズ

20161114_01
二週間ほど前の事。モアレさんが執拗に横っ腹の辺りをグルーミングしていたのでモフモフをかき分けて見てみたところ、

20161114_02
米粒サイズの湿疹を発見。(上の写真は最近のものですが、発見時はもっと赤く腫れていました) すぐに病院で検査した結果、また肥満細胞腫と診断されました。

皮膚型肥満細胞腫 猫(Google検索結果)

前回の手術から約半年、病リターンズです。

20161114_03
肥満細胞腫に対する処置は色々あって、皮膚に出来たものは外科手術で患部を切除すればおしまいです。ただ放っておいて自然に縮小することもあります。(悪くなることもあります) 腫瘍から他へ転移することもなくはないですが、可能性はかなり低いです。

ということで今回はステロイド剤と痒み止め(抗ヒスタミン)でしばらく様子を見ることにしました。もし悪くなるようなら切除します。幸い前回出来た場所(眉間)に比べれば手術的には楽に取れる位置だそうなので。

ちなみに内臓型の肥満細胞腫の可能性も考えて、腹部のエコー検査も受けましたが結果は大丈夫でした! 脾臓、肝臓、共に特に問題はなさそうとのことです。良かった良かった。

20161114_04
というわけで色々あった最近です。健康状態自体は全く問題ないのでどうかご心配なさらずに。まぁ年相応のイベントのひとつと考えるしかないですね。(肥満細胞腫の発症は9〜10歳頃が一番多いそうです。猫飼いの方は注意ですよ。)

人気ブログランキング
イヌ・ネコ 家庭動物の医学大百科 改訂版

スポンサーリンク

足っぱげ

20161004_01
少し前のことになるのですが、モアレさんの左後ろ足にかなり大きなハゲを発見しました。

20161004_02
こんな状態。自分で舐めすぎて毛が完全になくなってしまったのです。(猫の舌は超ザラザラで紙やすりで擦ってるようなものなのです)

とりあえずすぐに病院へ。引越しで環境も変わったのでストレスによる過剰グルーミングでは?とも思ったのですが、患部の状態からそういう感じではないそうで、細胞検査の結果からアレルギー性や感染症っぽい皮膚炎かも、とのことでした。ようするにイマイチはっきりした原因は分からず。飲み薬と消毒薬をもらって帰宅。

20161004_03
帰宅後の不機嫌フェイス。はい、大変だったね。

結果ですが、このあと悪化することもなく順調に回復して、現在はちゃんと毛も生えてほぼ復活してます。結局原因やきっかけはわからないままですが、とりあえずご心配は無用ですので。

20161004_04
シニアモアレ、色々あるねぇ。

人気ブログランキング
資生堂 アデノバイタルスカルプエッセンスV 180ml【医薬部外品】

スポンサーリンク

病院デー 2016

20160823_01
少し前になるのですが(更新するの忘れてました)、年に一度のワクチン接種に行ってきました。首輪を着けられて察した顔のモアレさん。

続きを読む